Japanese page

略歴

  • 2012-現在, NTTセキュアプラットフォーム研究所, 日本電信電話株式会社
  • 2019-2020, ルール大学ボーフム 客員研究員
  • 2015-2017, 神戸大学大学院 電気電子工学専攻 博士後期課程(指導教員 森井昌克)
    • 博士論文:Integral Cryptanalysis against Symmetric-Key Cryptosystems
  • 2010-2012, 神戸大学大学院 電気電子工学専攻 修士課程
  • 研究分野:暗号理論、共通鍵暗号の設計および解析
  • リンク : [dblp] [google scholar]
  • Contact address :address

新着情報

  • コンピュータセキュリティシンポジウムにて、特別講演を行います。
  • “PRINCEv2 – More Security for (Almost) No Overhead”がSAC2020に採録されました。
  • 2020年電子情報通信学会ソサイエティ大会(オンライン開催)にて、FR誌ベストオーサー受賞に関連して特別講演を行います。
  • WCIS2020にてCRYPTOで採録された論文『Out of Oddity – New Cryptanalytic Techniques against Symmetric Primitives Optimized for Integrity Proof Systems』に関して日本語で解説講演を行います。
  • “Lower Bounds on the Degree of Block Ciphers”がAsiacrypt2020に採録されました。
  • “Improved Differential-Linear Attacks with Applications to ARX Ciphers”がCRYPTO2020のBest Paper Awardを受賞しました。
  • 2016年に信学会FR誌に掲載された『共通鍵暗号の発展 -MISTY1をめぐる創造と破壊』が2019年度FRベストオーサー賞を受賞しました。
  • “Improved Differential-Linear Attacks with Applications to ARX Ciphers”がCRYPTO2020に採録されました。
  • “Out of Oddity – New Cryptanalytic Techniques against Symmetric Primitives Optimized for Integrity Proof Systems”がCRYPTO2020に採録されました。

詳細は業績リスト(英語)を参照ください。


受賞歴

  • 2020年9月 Fundamentals Review ベストオーサー賞, 電子情報通信学会
  • 2020年8月 CRYPTO 2020 Best Paper Award, IACR
  • 2019年6月 論文賞, 電子情報通信学会
  • 2016年1月 SCIS論文賞, SCIS 2015, ISEC研究会, 電子情報通信学会
  • 2015年8月 CRYPTO 2015 Best Paper Award, IACR
  • 2015年8月 CRYPTO 2015 Best Young Researcher Award, IACR

国際会議プログラム委員

ASIACRYPT: 2016, 2018
CHES: 2021
Eurocrypt: 2016, 2020
FSE: 2018, 2019, 2020, 2021
Latincrypt: 2019
Selected Areas in Cryptography (SAC): 2019, 2020


論文誌編集委員

IACR Transactions on Symmetric Cryptology (ToSC) 2017–2021.
IACR Transactions on Cryptographic Hardware and Embedded Systems (TCHES) 2020–2021.


暗号設計

  • 2020 Prince v2, Low-Latency Block Cipher
  • 2017 Gimli, Cross-Platform Cryptographic Permutation
  • 2017 GIFT, Lightweight Block Cipher
  • 2014 Minalpher, Authenticated Encryption with Associated Data